web拍手

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

リセメモ ver. Leaf 5.0

諸君、久方ぶりである

今回の新弾であるリーフ5.0について、
個人的なメモも兼ねていくつかのカードを取り上げておこう

雪のカードのみであるが、
我が今回注目したのは、以下のカードである


・冬馬 かずさ(第二音楽室の主)
登場したときに、同列のキャラ1体を行動済み状態にするか、
取り除くかを選択できるキャラクター

取り除くことを選択した場合、効果の再利用が不可能となるが、
対象を取らず除外する効果は一度きりであっても非常に強力である

EX2であり、自身も雪3コストと色拘束は強いものの、
雪単等であれば十分な活躍が見込めるだろう

注意点としては、中央AFに登場できないため、
中央列のキャラに効果を適用したい場合、DFにしか登場できない点である


・ルーシー・マリア・ミソラ(るーの奇跡)
このキャラを登場させた後にイベントを使用する必要があるが、
そのイベントを手札に回収し、さらに1ドローが付いてくるため、
即座に2枚のカードを得ることができる

効果が失われるというテキストであり、ゲーム中1回では無いため、
このキャラを不幸の種にするなどしての再利用も有効である

3コストであるが、雪2星1であるため、橘 ちひろ(園芸)のような雪コスト軽減の他、
久遠寺 森羅(指揮者)といった色が合わないコスト発生も利用できる

スペック的にはアタッカーに不向きであるので、DFに配置したり、
不幸の種にする、板垣 辰子(バス停)で破棄するなどで利用したい


・アロウン(神破斬)
5コストではあるが、雪2星3とかなり色拘束が弱く、
上でも取り上げた雪コスト軽減・他色でのコスト発生を利用できる他、
活人形といったカードも利用することができる

また、ブーストによるコスト軽減も備えている

効果は、雪1コストで味方「Tears to Teara」キャラの数だけ
相手キャラ1体を破棄するというものであるが、自身がこれに該当するため、
単騎であっても相手キャラ1体を破棄することはできる

初期投資は重くなるが、各種コスト軽減・コスト発生を利用しやすく、
移動能力こそないものの、それなりのスペックを持ち合わせるため、
ダメージレース的にも有利なカードであると考えられる


これらのカードを最も有効に活用できるのは、
雪単、もしくは雪宙あたりと考えられるため、
それらのデッキへの投入を検討したいところである
web拍手

Xデーイベント

先日のXデーにて、新たなエラッタが公開された
その内の一枚が「コミュニケーション」である

効果内容は変わっていないが、テキストの最後に
「1ゲームに1回まで使用可能」の文が追加された

この変更自体は、「シュート」同様に一度きりの
ドローソースとしてしか働かなくなったことを意味するわけだが、
最大の難点は、コミュのEXが0ということである

このことから、複数枚の投入は二枚目以降の死に札を増やす要因となり、
デッキへのコミュの投入枚数は、多くても2枚となるだろう

これまでの様に、複数枚使用しての爆発的な手札増強は不可能となったが、
それでもシュート同様に即座に2枚の手札を得られる効果は大きい
1枚しか使用しなければ、これまで同様の効果が得られるからである

そのため、通常のドロソをこれまでよりも多めに投入し、
コミュ/シュートに頼らずともある程度の展開ができる構築にするのがいいだろう
その補助として、コミュ/シュートを1枚ずつ投入するような形を考えている

まずは、新しいデッキの基盤を検討し、ある程度の案がまとまれば、
こちらでも紹介させてもらうとしよう
web拍手

Fact or Fiction

Lyceeの話ではないが、面白い記事を見つけたので、
紹介させてもらおう

MTG Wiki <嘘か真か/Fact or Fiction>

このカードの効果は、デッキの上から5枚のカードを公開し、
相手プレイヤーはその5枚を2つに分ける
分けられた2つの内、自分が一方を選択して手札に加え、
残りのカードを墓地に送るというものである

これは、効果に差異があるとはいえ、
「コミュニケーション」を思わせる効果である


コミュニケーションをこれと同様に解釈するなら、
以下のようになるだろうか
1.自分のデッキの上から7枚のカードを公開する
2.公開されたカードを「相手が」2つに分ける
3.分けられた2つの内、「相手が」選んで自分の手札に加える
4.選ばれなかった方はゴミ箱へ送られる
5.カードの分け方は3:4で固定である
6.手札に加わるのは必ず4枚の束である

FoF(Fact or Fiction)とコミュニケーションの最大の違いは、
分けられたカードの選択権が、自分にあるか、相手にあるかである

これについては、こちらを参考されたい
MTG Wiki<山分けカード>

コミュニケーションは、上記1~6のような特徴を持つことから、
簡単に言い換えれば、自分のデッキの上から7枚を公開し、
7枚のうち弱い方から4枚のカードが手札に加わるということである

7枚ものカードを公開した上で、3枚のカードがゴミ箱送りになることから、
特定のキーカードに頼るデッキでは、望んだカードを得ることは難しい
「鈴緒」などによる回収手段を用意しておくのがいいだろう

また、相手への選択肢を縛る手段にもなる、ゴミ箱から手札に回収できる
効果を持つカードを投入しておくのも有効である
デッキの色にもよるが、「ミネット」や「透舞 のん」などがそうである

相手への選択肢を縛る意味合いから、同じカードの枚数は出来る限り減らすのが良い
特に、EX1以下のカードは、使用できないとコストにも使いづらい為、
投入する枚数はよく検討するべきである

しかし、2枚の手札を使って4枚のカードを得られるため、
即座に2枚の手札増強を行うことが出来るのは、大きな強みである

Lyceeは手札のカードをゴミ箱に送ってコストを発生させるシステムである為、
EX0でない限り、不要でもコストとして使ってしまえばいいということになる

とはいえ、質の悪い手札が増えても行動の選択肢が増えない場合もあるので、
どのような手札が来てもある程度動ける構築にしておくのが望ましいだろう


以上から、コミュニケーションを絡めたデッキを作成する場合には
単色に月をタッチしてコミュニケーションを投入した型や、
各色から強カードを組み合わせてコミュニケーションを投入する型など、
手札を増強するだけで効果が得られやすい型にするといいだろう

また、キャラクターは最大で自分の場に6体までしか登場出来ないため、
除去イベント等、キャラ登場以外に手札の使い道を用意しておくのも有効である


以上で、説明を終わらせてもらおう
「コミュコン」系列のデッキを構築する際の参考となれば幸いである
web拍手

Cコミュート3

 諸君、久方振りだな

 ジン氏よりコントロールデッキ紹介の希望があったこともあり、
今回は「月宙雪カウンター・コミュート3」を紹介させてもらうとしよう

 まずは、デッキレシピを載せておこう


・花鳥 玲愛(完璧主義) ×2
・ヨーコ ×3
・リベレイト・ダークネス ×3

・橘 芽依子(芽依子様アタック)
・久遠寺 森羅(指揮者)


・代官山 すみれ(スズスポ)

・アイリスフィール・フォン・アインツベルン ×4

・百物語 ×3
・シュート ×2
・筆談 ×4
・爆破解体 ×3


・七海 伊緒 ×2
・コレット・アナスタシア(盲目の聖女)
・アンゼリカ王女
・透舞 のん
・藤枝 あやめ ×3
・葉月 深景
・越後屋 山吹
・子住 結花 ×3

・コミュニケーション ×4
・時空転移 ×4
・毒電波 ×4


・メレム・ソロモン ×3
・ベアトリーチェ(黄金郷)

・山吹色の菓子 ×3
・散歩


 「コミュート」というデッキコンセプトは、
「シュート」と「コミュニケーション」の2つのドロソにより、
通常のデッキで行う少しずつアドバンテージを稼いでいくという手順を省いて、
大きくデッキを削ることを代償に一気に手札を増強するものである
(息切れを防ぐために、もちろん通常のドロソも投入してあるが)

 ポイントは、増えた手札をどのように運用するかであるが、
今回のCコミュートでは、「時空転移」からの「藤枝あやめ」を軸とした
キャラクター登場カウンターに、その手札を割くように構築した

続きを読む

web拍手

リセメモNo.6

 放っておいてもネタの鮮度が落ちるだけなので、
とりあえず簡易的にでも更新しておくことにした

 今回は、前々回の記事で紹介した「ひまコン」である

 新しく登場しているカードの中にも、ひまコンと相性の良いものもあり、
デッキへの投入が十分検討できるものを紹介させてもらうとしよう


・「室戸 鼎」(フックソフト1.0)*鼎=かなえ
 自キャラが場を離れたとき、同列の相手キャラを除外するというもの
 本体が場を離れた場合は、同列が参照出来ないため、不発

 「ひまわり」の効果発動は、コストタイミングであり、
相手に対応のタイミングがなくなるため、非常に有効である
 鼎かひまわりの登場タイミングでしか対応できないことになる

 配置が左列のみと狭い点には、注意が必要だろう


・「高岡 未来」(フックソフト1.0)
 このカードの比較対象となるのは、「椎名 京(依存)」だろう
 京のダメージ効果に対して、デッキボーナスによる回復を持つ
 
 京に比べての利点は、キャラの登場場所に制限が無く、
効果の発動も任意である点が挙げられる
 相手ターンでも未行動にできる効果として、SP2である点も見逃せない

 一方で、EX1であり、デッキへの大量投入は難しい
 混色では、色拘束の強さもネックとなるだろう
 配置は、京が5マスに対し、未来は4マスであるが、
AFの配置可能なエリア数は同じである

 攻撃が全て通った場合、未来は相対的に6点パンチャーとなるが、
京は効果ダメージも含めて、合計で7点パンチャーとなる


・「エリス・フローラリア(媚婦街の医者)」(オーガスト3.0)
 基本能力としてオーダーステップと、条件付きのサポーターを持つ

 効果は、キャラ1体にペナルティ1ドローを付与するというもの
 効果の使用は、1ゲームに3回までである
 相手ターンでの使用も可能である

 このエリスも、ひまわりとの相性が非常に良い
 ひまわりの破棄を利用し、能動的にペナルティを発動させられるからである

 自分自身にペナルティを付与し、「不幸」の種とするのも悪くない

 対象は「キャラ1体」とあるため、相手キャラを除去できる状況であれば、
相手キャラにペナルティを付与し、詰めの1点として使うことも出来るだろう


・「春日 かれん(ベルナルド)」(ぺんしる2.0)
 かれん自身が3ハンドであるが、かれんは手札に戻り、
デッキからキャラを登場させる効果であるために、
実質1ハンドロスでのキャラ登場効果である
 手札効率的には、「時空転移」系列のカードと同じとなる

 効果によるキャラの登場タイミングが、「ターン開始時」のみであり、
自由なタイミングでは登場させることができないデメリットはあるが、
ターン開始時で、なおかつ宣言型の効果では無いため、
相手には対応のタイミングが無い

 例えば「式守 伊吹」や「板垣 辰子」といった、効果は強力だが、
「意趣返し」等でのカウンターが怖いキャラを登場させるといいだろう
 「自ターン開始時」では無いため、相手ターン開始時での即効果発動もできる


・「聖沙・B・クリステレス(ディメンショナルウェーヴ)」(ぺんしる2.0)
 本来は雪5コストのキャラであるが、新能力の「ブースト」により、
雪の味方キャラが4体以上いれば、雪雪を支払い、1ハンド軽減される

 ブーストが発動すれば、3ハンド5/3/2に加えてサイドステップと破格のスペックになる

 効果は、左右列の相手キャラにターン終了時までデッキ3枚破棄のペナルティを与える
 自ターンとの制限も無いため、往復で宣言できるのも強みである
 
 「筆談」のデメリット軽減ももちろんであるが、
単純に除去に3ダメージを付与するだけでも強力である
 また、相手のチャンプブロックを躊躇させられるだろう

 ブーストは手札から登場する場合のみであるので、上のかれんとの相性は良くない
プロフィール

魔王

Author:魔王
ただのりせらー兼デュエリスト

本職はスマブラDXプレイヤー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。