web拍手

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

20170617 Lycee大阪フェスタ

 本日は、Lycee大阪フェスタに参戦してきた
 参加された方々は御苦労であった

 今回の使用デッキは無難に雪単とした
 簡易ではあるが、下記に本日の対戦相手を紹介しておこう

1戦目:ベルナルド氏(雪単)
2戦目:コマンド氏(花単)
3戦目:アイリオ氏(日単)
4戦目:ヘート氏(雪単)
5戦目:へっぽこにわか氏(雪単)

 ここでドロップし、バトルラッシュへと移動

 参加者に占める雪単の割合が多かった為、ある意味では必然と言えるのだが、雪単との対戦が半分以上を占める結果となった
 また、雪単とのミラーマッチを繰り返した事で、フェスタ前後で評価の変化したカードがいくつかある

 そこで、そのいくつかのカードを下記に紹介させてもらう事としよう

・「<デジャヴワールド>デジャヴ」
雪EX1/コスト:雪雪/AP1/DP0/SP0/DMG3/エンゲージ/宣言:雪雪雪雪:このキャラの攻撃中に使用する。対戦キャラを破棄する

LO-0121-デジャヴ

 雪には貴重な2ハンドでDMG3を持つキャラ
 対戦キャラを破棄する効果を持つ為、APやDPを増減させる効果の影響を気にすることなく攻める事ができる

 しかしその半面、DP0・SP0の為に相手キャラがAP0でも無ければ効果を使わなければ一方で倒す事ができず、攻撃以外ではサポート要員となる事もできない。また、効果が攻撃中に制限される為、防御時はチャンプブロック程度の役目しか果たす事が出来ない

 破棄する相手キャラが2ハンドの場合は一見等価交換に見えるが、こちらは起動コストに雪雪雪雪を要求されるので使用できるカードに制限(EX2である必要性)があるのに対し、相手は同じ2ハンドでも1コストキャラで問題無いので手札を投げ切ったあとの引き合戦となった場合等には不利に働く可能性もある

 結局のところ、相手がブロッカーを出し続ける状況になった場合はお互いに同じ手札を投げ続ける手札消耗合戦となるカードである
 どんな対戦キャラも2ハンドで破棄できるが、逆に2ハンド掛けなければ対戦キャラをまともに倒す事は出来ない
 定常的にコストを払い続けるのであれば、初期投資でハンドを掛けて元から単体でも攻撃を通しやすいキャラ(3ハンドでAP/DP/DMGがそれぞれ3以上あるようなキャラ)を使用した方が良い、というのが今回デジャヴを使用した感想である



・「<リベリオンアスク>ミストルテイン」
雪EX2/コスト:雪雪星星/AP2/DP3/SP2/DMG3/エンゲージ/宣言:0:自ターン中に使用する。1枚ドローする。自分の手札を1枚デッキの上に置く。

LO-0123-ミストルティン

 自ターン中に使用し、デッキの一番上と手札のカードの入れ替えが出来るキャラ
 手札が直接的に増えるわけではないが、毎ターン1枚多くカードをめくり、その中から不要なカードをデッキトップに戻せる
 EX調整や、混色での色事故回避、デッキトップ操作を利用して「<ディスティニードロウ>ラストリゾート×デュエル」でEX2のカードをめくらせたりと用途は多い

 DMG3ある為、AFに出して打点源としての運用は十分出来るのだが、AP2である為に状況によっては攻撃を通しづらくなってしまう事がある
 また、「<神壊烈風アヴァロンエッジ>アヴァロン」や「<神領次元霊子分解理論>ミョルニル」との併用を考えた場合はAFの取り合いとなってしまう

 今回、我は雪単で参戦したわけであるが、元々単色とするメリットは色事故の回避等に存在する為、相対的にミストルテインの恩恵は小さくなってしまう。もちろん、この効果が使用出来て困ることは全くないし引き合戦となった場合の優位性もあるのだが、打点を通しやすいキャラをAFに出した方が後の展開を考えると有利になる場面も多い

 その為、4コスト枠アタッカーとして単純に4積みするのではなく、使用するとしても枚数の調整、あるいは使用の見送りが必要になると感じられた



・「<恋のブレイズドライブRemix>戦杖ベローナ」
雪EX1/コスト:雪雪雪/AP3/DP2/SP1/DMG3/エンゲージ/宣言:このキャラを破棄する。このターン中、味方キャラがエンゲージ登場している場合、キャラ1体を破棄する。

LO-0144-K-戦杖ベローナ

 味方のエンゲージ登場を行っているターンに限り、自身を破棄して相手キャラを破棄する効果を持つキャラ
 自身を破棄する事で相手キャラを破棄する効果は、「<不還匕首>アサシン/荊軻」と類似した点を持つといえるだろう

 荊軻はタップコストを支払う為、効果の起動に1ターンを待つ必要があるが、相方としてアヴァロンを得た場合は即座に効果を起動させる事が出来る。ただしアイテムを装備したキャラは対象とすることができないので「ごちそうさま」等を利用するデッキに対しては効果的に能力を使用する事が出来なくなる危険性はある

 一方でベローナは、効果の起動がエンゲージ登場を行なったターン中に限られるものの、十分な手札を抱えていれば即座に効果を使用できるメリットを持つ。効果を温存してアタッカーとしての運用を考えた場合、アヴァロンの恩恵は得られないものの、DPとDMGの値がそれぞれ荊軻よりも1ずつ高い利点がある
 効果の起動にタップコストを要求されないので、攻撃を行ってから効果起動が出来ることも強みである

 この事から、単純な除去として考えるのではなく、アタッカーとしての運用をしつつ必要に応じて除去効果を使用するという使い方でカードの特性を活かせるものと考えられる
 自身がエンゲージを持つ為、手札枚数的には不利になるが、詰めの場面では自身をエンゲージ登場させて条件を満たすという事も出来る



 簡単にではあるが、以上をもって大阪フェスタレポートとさせてもらおう

 私事な内容ではあるが、hell氏一味、及びガックン一味には本日参戦の準備に対し協力を頂いた。この場を借りて謝意を述べたい
 また、本日残念ながら対戦機会が得られなかったマミヤ氏については、次の機会にて存分に対戦出来ればと思っている

 以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様です。
デジャヴは清姫出てる前提カードでオペラ合わされるとオワコン。ミストルは雪単だとメリットあんまりないは完全同意ですー。
8月27日の大阪フェスタのガルパン環境でリベンジしましょー。

レス

ガックン>フェスタ御苦労であった
繰り返し除去を使用できるデジャヴは、確かに清姫の最高の相棒か

8月末からのガルパン環境も楽しみではあるが、
その前に現環境でのデッキを今一度詰めておきたいところではあるな
プロフィール

魔王

Author:魔王
ただのりせらー兼デュエリスト

本職はスマブラDXプレイヤー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。