web拍手

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

Fact or Fiction

Lyceeの話ではないが、面白い記事を見つけたので、
紹介させてもらおう

MTG Wiki <嘘か真か/Fact or Fiction>

このカードの効果は、デッキの上から5枚のカードを公開し、
相手プレイヤーはその5枚を2つに分ける
分けられた2つの内、自分が一方を選択して手札に加え、
残りのカードを墓地に送るというものである

これは、効果に差異があるとはいえ、
「コミュニケーション」を思わせる効果である


コミュニケーションをこれと同様に解釈するなら、
以下のようになるだろうか
1.自分のデッキの上から7枚のカードを公開する
2.公開されたカードを「相手が」2つに分ける
3.分けられた2つの内、「相手が」選んで自分の手札に加える
4.選ばれなかった方はゴミ箱へ送られる
5.カードの分け方は3:4で固定である
6.手札に加わるのは必ず4枚の束である

FoF(Fact or Fiction)とコミュニケーションの最大の違いは、
分けられたカードの選択権が、自分にあるか、相手にあるかである

これについては、こちらを参考されたい
MTG Wiki<山分けカード>

コミュニケーションは、上記1~6のような特徴を持つことから、
簡単に言い換えれば、自分のデッキの上から7枚を公開し、
7枚のうち弱い方から4枚のカードが手札に加わるということである

7枚ものカードを公開した上で、3枚のカードがゴミ箱送りになることから、
特定のキーカードに頼るデッキでは、望んだカードを得ることは難しい
「鈴緒」などによる回収手段を用意しておくのがいいだろう

また、相手への選択肢を縛る手段にもなる、ゴミ箱から手札に回収できる
効果を持つカードを投入しておくのも有効である
デッキの色にもよるが、「ミネット」や「透舞 のん」などがそうである

相手への選択肢を縛る意味合いから、同じカードの枚数は出来る限り減らすのが良い
特に、EX1以下のカードは、使用できないとコストにも使いづらい為、
投入する枚数はよく検討するべきである

しかし、2枚の手札を使って4枚のカードを得られるため、
即座に2枚の手札増強を行うことが出来るのは、大きな強みである

Lyceeは手札のカードをゴミ箱に送ってコストを発生させるシステムである為、
EX0でない限り、不要でもコストとして使ってしまえばいいということになる

とはいえ、質の悪い手札が増えても行動の選択肢が増えない場合もあるので、
どのような手札が来てもある程度動ける構築にしておくのが望ましいだろう


以上から、コミュニケーションを絡めたデッキを作成する場合には
単色に月をタッチしてコミュニケーションを投入した型や、
各色から強カードを組み合わせてコミュニケーションを投入する型など、
手札を増強するだけで効果が得られやすい型にするといいだろう

また、キャラクターは最大で自分の場に6体までしか登場出来ないため、
除去イベント等、キャラ登場以外に手札の使い道を用意しておくのも有効である


以上で、説明を終わらせてもらおう
「コミュコン」系列のデッキを構築する際の参考となれば幸いである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魔王

Author:魔王
ただのりせらー兼デュエリスト

本職はスマブラDXプレイヤー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。