web拍手

博多フェスタ

 今回、初めてフェスタなるものに参加してきた
 参加された方々は、お疲れ様である


 我の使用デッキは、当然「コミュート」・・・ではなく、
コミュートから「シュート」を抜いた型である、「コミュコン」に変更
(コミュニケーション・コントロールの略)

 シュートを使用しないことにより、採用できるドローソースに制限が無くなり、
例えば「長谷部 彩」「アンゼリカ王女」、そしてニトロ2.0で登場した、
キーカードの1枚である「ジュリアン・メリーウッド」などが生かせるようになる

 ジュリアンは、緋色氏も指摘された手札で「コミュニケーション」が腐るという
事態を緩和できる可能性があり、最悪コミュが戻っても1ドローが付いてくる

 これにより、序盤の爆発力は低下するが、継続的なドローソースにより、
大きく持続力が向上し、中盤以降も息切れしないという利点がある


 構築の変更点としては、シュートを撃たなくなることにより雪の割合が減少、
ジュリアン追加により、花の割合は増加した 宙も、少々増加気味である
 コミュを撃てないと話にならないので、月成分はもっとも割合が高い



 今回のフェスタではぶちゅぶちゅ型の除去コントロールが多いと踏んで、
回復要素をキャラによる継続的な回復から「時間移動魔法」に変更
 これは、キャラを大量展開する必要がなくなることと(対「ゲームセット」系)、
「竹河 いばら(呪歌使い)」の効果ダメージによる即死を防ぐ目的、
更には、相手の「筆談」や「ぶちゅぶちゅさん」に対応して使うことで、
相手の妨害をしつつ回復をすることが狙いである

 このように、上記と含めて対コントロール仕様にして挑んだのだが・・・
結果は6戦4勝2敗であった 

 この2敗というのが、いずれも「たぬき寝入り」投入型の花単である
 自身の「たぬき寝入り」への対策の甘さを痛感した

 また、「高遠 奈々世」や「南 つばさ」といった回復キャラが、
固め要員も兼ねていたため、それらを抜いたことによる防御面の低下が考えられる

 しかし、コントロール系の相手には勝つことが出来たため、
一応の体裁は保てた形か・・・


 使用デッキに関しては、次回紹介させてもらおう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フェスタお疲れ様です!

ジュリアンとコミュは相性良いですね。良い処理先の出現によりモチベ上昇しますねw


レシピ期待してますー

No title

名前が呼ばれてる名前と違っていたので気づきませんでしたw
対戦ありがとうございましたー。
自分の場合はたぬきの対策は一条さんでやっていたのですが、もっとも根本的なぶちゅぶちゅ対策を怠ったのが敗因でしょうかw
何はともあれ福岡遠征お疲れ様でした。

レス

緋色氏>ジュリアンは、序盤のドローソースとアタッカーを兼ねると共に、
中盤以降の撃てないコミュも処理できる優秀なカードであるな

効果が「ドロー」であるため、「コミュート」系では採用しづらいのが難点だが
「コミュコン」では難なく採用できるため、コミュートよりコミュコン優位か・・・?

テルミドール氏>
「魔王」はただの愛称であって、実は本当のハンドルネームではないのだが、
あまりにも定着しすぎた所為で、そう名乗らざるを得なくなったという事実

こちらこそ、コントロール同士の対戦を楽しませていただいた
こちらは、主にコントロールを意識して構築していたことはあるだろうか

また機会があれば、手合わせ願いたいものである
プロフィール

魔王

Author:魔王
ただのりせらー兼デュエリスト

本職はスマブラDXプレイヤー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR