web拍手

雪の除去

 STY氏から頂戴した二つ目の質問、「ひまコンに筆談は入るのか」
 今回は、これについてまとめてみることにしよう


 今更言うこともなかろうが、一応効果テキスト

 <筆談> EVENT EX2 色:雪 コスト:雪雪
 「相手のゴミ箱」のカードをランダムに4枚、持ち主のデッキの一番下に置く。
 置いたとき、「相手キャラ1体」を破棄する。


 結局のところ、他の除去と比較してこれがデッキに入るか否かである


 筆談のメリット・デメリットをまとめるために、既存の除去を考えてみよう
 比較となりそうな除去を、下に挙げることにする

<2コスト>2ハンドで撃つことが出来るのが、最大の利点だろう
      しかし、発動条件の厳しいものも多い

・ちょお人気 EX1 コスト:雪星
 間接的除去 相手キャラの登場対応でそこにキャラを動かすことで、登場を失敗させられる
 カードの存在を意識されると、非常に効果が薄くなるのが難点 移動持ちキャラにも弱い
 若干色拘束が弱いため、コストイベントなどからでも使用できるだろう

・退治 EX2 コスト:雪雪
 「元のAP」とあるので、工夫しても該当しないキャラには使えない

・ルーン EX2 コスト:雪雪
 元々アグレッシブを持つ相手キャラのみを対象に出来る
 効果が「破棄」ではなく「除外」である部分は強みである

・有害図書 EX1 コスト:雪雪
 「自ターン中のみ」「自分ゴミ箱が全て雪属性のみ」「バトル中に使用不可」制約を持つ
 コンバでないコスト2点以下の相手キャラをデッキの上に戻す 棗鈴なども葬れるのは利点

・信頼関係 EX1 コスト:雪雪
 自分の場に雪のキャラが4体以上必要になり、コスト3点の相手キャラのみを対象に出来る
 相手が対応宣言できず、効果が除外のため、除去の質としては非常に高い

・フラッシュバック EX1 コスト:雪雪
 対象の相手キャラに制約はないが、バトル中には使用できない
 キャラの持ち主にコスト分の枚数だけゴミ箱からカードが戻るので、アドは得られない
 相手の使う持ち主が自分のキャラに撃つのが正解だが、雪単では能動的には出来ない


<3コスト>本来は3ハンドだが、園芸ちひろ経由やひまコンから2ハンドで使用できる
      特にひまコンにおいては、重要になるコスト帯である

・タックル EX1 コスト:雪雪星
 バウンスとキャラ移動を同時にこなすが、一列が揃っており、2体を対象にするのが難点
 色拘束が弱めなのは利点 使いどころが難しいが、一応自キャラにも使用可能

・料理 EX2 コスト:雪雪雪
 やはり「元の属性」なので、工夫しても対象は増やせない
 怪しげな子もいるので、使う必要は無いだろう

・電圧アップ EX2 コスト:雪雪雪
 相手コンバキャラのみを対象に、デッキの上に戻す
 1ドローが付いているので、実質2ハンドになるが、シュートとの相性は悪い

・辱め EX1 コスト:雪雪雪
 自分のゴミ箱が全て雪属性のみという制約を持ち、対象は常時能力を持つキャラのみ
 「破棄」ではなく「除外」であることが、大きな利点となる

・うじゅ EX2 コスト:雪雪雪
 EXが1以下のキャラを対象に出来る 効果が「除外」であるのは、大きな利点
 しかし、除去に成功した場合、対象キャラの「DP-1」分だけ自デッキを取り除くリスクがある


<4コスト以上>

・逮捕 EX1 コスト:雪雪雪雪
 色拘束が非常に強いが、対象に制限の無い万能除去の一つ
 デッキの下に送るのは、場合によっては再利用させづらいとも取れる
 自キャラにも撃てるため、終盤に自デッキの1点回復にも使える

・不幸 EX0 コスト:雪雪雪雪雪雪
 コストが高いが、コスト3以上で雪を1点以上含む雪の自キャラを代償に出来る万能除去
 一時的にボードを代償に出来ることで、手札1枚からでも撃てる奇襲性の高い除去
 そのほか、相手の除去の回避にも使えるが、EX0のため手札事故には注意



 以上のように、3コスト以下の除去を見てみると、対象の限定されるものがほとんどであり、
発動条件やタイミングが制限されているものもある また、EX1のものも多い

 逆に、4コスト以上の万能除去を見てみると、条件やタイミングに制限こそ無いものの、
EXは1以下であり、園芸ちひろやひまコンの恩恵を受けられず3ハンド以上を要する点がネックとなる


 これらと比較しての筆談の利点を挙げると、以下のようになる
・2コスト除去でありながら、対象・発動条件・タイミングを選ばない万能除去
・万能除去でありながら、EX2である

 その反面、筆談の問題点といえば、
・効果が「破棄」である
・相手のデッキを4点回復させられなければ、破棄出来ない

 これだけの好条件なのだから、破棄であっても十分な強さだが、問題は二つ目である
 これは、発動条件として「相手のゴミ箱が4枚以上ある」が付いていることと同等である
 さらに、筆談に対応してゴミ箱を除外されれば、筆談自体が不発となる

 相手のゴミ箱が4枚や5枚程度の微妙な枚数であれば、「輸血パック」や「モデル」で
回避される可能性があり、相手の先攻1ターン目やその返しではそもそも撃てない場合も多い

 そして、仮に除去自体が通った場合でも、相手の4点回復は避けられないため、
終盤の詰めなどでは使いづらいといった点も挙げられるだろう


 しかし、4点回復があるものの、除去できなければそれ以上の打点を受ける可能性が高く、
詰めで確実に打点を入れる必要のある場合を除けば、回復は問題にならない場合も多い
 EX2のため、使わなければコストにしてしまえば良いだけの話である

 このEX2、2コストの万能除去という点が、筆談の強さと言えるだろう
 回復も合わせれば実質それ以上になるが、ハンドアドバンテージを失わないのは強力である


 以上の点から、筆談のメリット・デメリットを比較した結果、今回のひまコンレシピには
筆談を投入することとした しかし、合わないと感じれば抜いてしまうのももちろん手である


 今回は、これで締めさせてもらうとしよう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます。色々回してみた結果、辱めは日単にほとんど刺さらなかったので筆談も数枚積んでみよう、という結果になりました

しかし日がらみはかなり強くなってますね。序盤に自分がハンドぶっぱで除去してなんとか……って感じになってしまいます

レス

STY氏>日単に対してはほとんど「辱め」は刺さらないが、
日単の中でもアグレ系のデッキであれば「うじゅ」は比較的刺さる
(アグレッシブキャラは、EX1でDPも低めのキャラが多いため)

日単の型にもよるが、やはり打点効率で負けていることと、
場を消し去っても常にアグレによる打点の可能性があるところが厄介だ

そちらの環境はわからないが、STY氏の健闘を祈る
プロフィール

魔王

Author:魔王
ただのりせらー兼デュエリスト

本職はスマブラDXプレイヤー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR