web拍手

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

ひまコン改造案

 相変わらず、意味不明な数字と「ひまコン」での検索が多いようだ・・・

 まぁ、それだけ需要がある(と思うことにしよう)のだから、こちらもある程度は更新していこう


 今回のお題は、「ひまコン改造案について」だ

 もちろん、その地域での環境によってカードの向き不向きはあるだろうから、紹介するにとどめよう


 これまでにレシピに入れたカード、入れる予定のあるカードを含めて、解説していこう

 デッキの核は「ひまわり」と「雨宮 優子(天使)」であるから、

必然的にこれらと相性の良いカードがその対象となる


 まず前提として、ひまコンは雪3コストを発生させる形のドローソース(コンボ)となるのだから、雪3コストを有効利用できるカードが相性の良いカードとして挙げられる 具体的には、雪3コスト、または更に手札を1枚追加して雪5コストのカードということになる

 また、ひまわり単体で見た場合には、キャラを登場させること自体に意味のあるカード、天使優子単体で見た場合には、破棄されることに意味のあるカードが、相性の良いカードとなる


<雪3コスト>
・椎名 京(依存):ひまコンで登場させられる3コストキャラであることに加えて、単体でのひまわりとも相性の良いカード 二打とも通れば7点、二打目しか通らなくても4点という、雪としては破格のパンチャー 当然、ひまコンとの相性は良い

・竜胆 ルリ(発情):配置は左右のみとなっているが、自身のステップによってノーコストで移動できるため配置問題解消に一役買ってくれる可能性のある4点パンチャー 最初はDFに配置して攻撃を一度止めた上で、パンチャーとして運用していくのが基本的な戦法となるだろう 特殊能力が「ゲーム中一回」でなく「失われる」の形のため、一度使った後は天使優子で回収して再利用しても良い

・アヴリル:AFのみだが全て配置できる4点パンチャー コストは要求されるがステップを持つため、3/1ブロッカーを合わせられても回避することが出来、配置問題解消も可能である 複数基本能力を持つキャラの基本能力を消すことが出来るため、羽山 ミズキ(無鉄砲)軸のアグレッシブ系デッキでアグレッシブを消したり、朱鷺戸 沙耶(闇の執行部)等のペナルティドローを消すことが出来る

・板垣 辰子:配置は弱いが、除去を内蔵したキャラ 効果が伊吹のように除外でなく破棄のため、天使優子の効果を利用することが出来る 主には、伊吹のペナルティを能動的に起動するための、第二の不幸としての運用となるだろう

・式守 伊吹:除去の要となるキャラ 効果が除外のため、天使優子の効果を直接利用することは出来ないが、不幸の種としたり、辰子の効果で破棄する際に回収することで、複数回にわたる除去が可能となる

・古戸 エリカ(隷属の婚姻):配置は左右のみだが、デッキ破棄のみで同列の相手キャラ1体に手札破棄のタックスを付与できる 消耗戦になった場合に特にその威力を発揮し、アグレッシブ系のデッキに対しても有効である

・ヴィム:AF全てと中央DFに登場でき、比較的融通がきく 相手がイベント・特殊能力によって墓地から回収するカードを除外できるメタ効果を持つ 除外のため、良くある手札破棄メタに掛かりづらいのが利点 ミネットやモデルを内蔵する花には良く刺さる 雪同士では、記憶障害千尋への封じ手となる

・ヒースクリフ・コズグレーヴ:配置がひまわりと被るが、AFでは左右を占拠しない 相手のイベント・特殊能力によるバーンを受けたときに相手の手札を破棄できる ヴィムと違い除外でないため、手札破棄メタには掛かる可能性があるが、相手の手札を見て選択できるため、リスクは比較的小さいだろう

・榊原 小雪:逆T字配置であり、左右AFを占拠しない キャラ1体に味方を行動済み状態にするデッキボーナスを付与する 除去と併用し、相手のキャラ数を抑えられれば、有効に働く可能性も考えられる 登場コスト、効果コストとも複色向きとなっているため、複色ひまコンでの採用が考えられる

・永瀬 沙佳(古文書の館):配置は良好で、オーダーステップも持つため、かなり融通はきく部類に入るだろう 破棄されたときに墓地のキャラを回収できるため、不幸の種として有効 天使優子の効果を利用する場合、効果で自身を回収してしまう可能性もあるため、相手ターン中に発動する場合には要注意 複色デッキにおいては、宣言する属性によって特定のカードを回収しやすく出来る

・里村 茜:小雪同様の逆T字配置 ここで紹介したレシピどおりではあまり活躍の機会はないが、エセルや須磨寺雪緒の打点を増幅させることが出来る 採用するなら、園芸ちひろとともにAFに出す戦法も有効となる ひまわりも打点アップできるが、中央AFが被っているために使い勝手はあまり良くないだろう

・月宮 あゆ(食い逃げ):配置は全配置 雪にしては珍しいアグレッシブを持つが、終盤での止めでなければ、ダッシュを利用したDF配置が有効となるだろう 場のカードを破棄する効果を不発に出来るため、雪の不幸や須磨寺雪緒、宙のテレサ、花の遭遇を封殺出来る 辰子も破棄のため、特に雪に対しては有効なメタとなるだろう

・夕姫:(いわゆる「太陽拳」:ポーズが)配置は伊吹と同じだが、次の自ターンには消えてしまうため、とりあえず登場させる場所さえ確保できれば、次のターンには邪魔にならない 対象を取らず、宣言を必要としない、置き場へ置く形の除去のため、除去としては相当対処し辛い部類になる SP0で配置も弱いため、出したターンの利用が少ないことが残念

・辱め:宣言型でない効果を持つキャラを除外する除去 刺さる範囲は比較的広く、ひまコンの天敵となるキャラは大体これで始末できる 除外である点も評価が高い 反面、発動に条件があるため、自身が後攻の場合には相手の1ターン目に発動しづらく、複色での採用は困難である

・うじゅ:EX2の除去である点は評価できる 対象はEX1以下のキャラのみとなるが、辱めと違い発動条件が無いことが利点 除外である点も、当然評価できる 相手のDPが高いほど自身のデッキが削られてしまうため、発動する相手を選ぶが、EXとDPが共に低い傾向にあるアグレッシブ系のキャラに対してはそれなりに有効


 3コストイベントについては、相手ターンでも発動が可能なため、相手ターンにひまわりでブロックし、バトル中にイベントを使用するという方法が有効となり、ひまわり単体でも生かすことが出来る コストタイミングでの宣言のため、対応宣言されることも無いのが利点である


<雪5コスト>
・フェザリーヌ・アウグストゥス・アウローラ:(いわゆる「フェザーあうあう」)配置は逆T字 SPが2あり、登場ターンから効果の起動が可能なため、登場ターンからの活躍が期待できる 効果はバトル中のみだがこのキャラが参加している必要は無く、自分と相手ターンで1回ずつ宣言できるため、墓地が十分にあれば実質相手ターン毎に2点ずつ回復できる 通常の打点5に加えてこの2点回復は雪としては心強い 墓地消費が激しいため、古文書沙佳とは相性が悪く、活躍は中盤頃からになるだろう

・神座 美夜:配置は左右のみとよろしくなく、打点はデッキボーナスを含めて実質5点 しかし、APは低いため攻撃を通しにくい SPも低く、相手に付与するタックスをどう使うかが鍵となるだろう

<その他>・・・天使優子と相性の良いカード
・須磨寺 雪緒:いわゆる須磨寺バンジーのキーカードのひとつ 2枚揃える必要があるが、天使優子との組み合わせで毎ターンの除去が可能となる 起動が次のターン以降となるため、手が遅れるのが難点ではあるが、EX2で制約の無い除去はそれだけでも貴重 里村茜を採用する場合には、ぜひとも投入したい

・鈴緒:効果による回収と、チャンプしてから天使優子による回収で、実質アドバンテージ損無しにチャンプブロックが可能となる 通常に運用しても、ジャンプからのSP2を生かしやすく、コンボパーツを揃えやすいために有用


<まとめ>
・デッキの要となるキャラクター群が、AFは意外と左右しか登場できないカードも多いため、構築におけるカード選択は重要である 特に、中央AFに登場できるキャラはそれだけでも価値があると言えるほどである
・こういったカード群の中から、自分や自分のデッキ、そして環境にあった選択をすることが重要であると言える

・これらの記事がひまコン同志諸君の助けとなれば幸いである
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

魔王

Author:魔王
ただのりせらー兼デュエリスト

本職はスマブラDXプレイヤー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。