web拍手

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

Lycee BraveSword×BlazeSoul

 Lycee Overtureの首記バージョンが発売となり、
 カードプールが大きく増える事となった

 モンスター(キャラ)を生贄に捧げ、上級モンスター(キャラ)を召喚できる新システムが搭載されたと聞き、エックスデーに某所へと足を運んだ

 事前にhell氏から仕入れた情報によると、生贄召喚(エンゲージ登場)はキャラ登場の際に支払う追加コストであり、登場の代替コストではない為、上記のような流れの処理とはならないとの事であった

 リセラー諸君には今更説明する事も無かろうが、エンゲージ登場下記の特徴を持つ(もちろん他にもルール的な特徴はあるが、我が気になった点のみを記す)

(1)キャラがエンゲージ登場をする場合、使用代償を支払う必要がある
  (上記の代替コストとはならない内容と重複する)


(2)同番号のキャラを破棄してエンゲージ登場させる事は出来ない

(3)エンゲージ登場に対応して登場予定のマスからキャラが失われた場合(除去、移動など)、元々存在していたキャラは破棄されず、エンゲージ登場したキャラのエンゲージ効果は得られない
 代替コストでは無い為、キャラの登場自体は失敗とはならない


 このことから、エンゲージを持っているからといってエンゲージ登場をさせる必要は無く、現状1ハンド以下のキャラは存在しない事から、エンゲージ登場は少なくとも2ハンドの消費を伴う事になる

 特に、エンゲージ登場出来る能力を持つだけで何も効果の得られないキャラは完全に損である
 盤面整理等に意味を見出したとしても、有力なドロソの存在しない現環境ではあまりオススメできない

 我が注目したのは、エンゲージ登場の為に破棄された場合ドロー出来る効果を持つカードと、エンゲージ登場に成功した場合ドロー出来る効果を持つカードの組み合わせである

・破棄された場合にドロー出来るカード(一例)
「<ハンドレッドガントレット>ヘカトンケイル」
雪EX2/コスト:雪/AP2/DP1/SP1/DMG1/エンゲージ/エンゲージ登場の為に破棄された場合1ドロー

LO-0135-ヘカトンケイル

 雪EX2を持ち、自身は雪EX1の掃き先にもなる使い勝手の良いエンゲージコストキャラである
 スペックは強くは無いが、DP1以下のアタッカーキャラに対してはブロッカーとして相打ちをとれる
 また、同じ弾の「<神壊烈風アヴァロンエッジ>アヴァロン」のアグレッシブ付与対象にもなる


・エンゲージ登場に成功した場合ドロー出来るカード(一例)
「<慈悲深き女王陛下に栄光を>セイブザクイーン」
雪EX2/コスト:雪雪雪/AP1/DP4/SP2/DMG3/エンゲージ:2ドロー/オーダーステップ:D1

LO-0138-セイブザクイーン

 雪には貴重な移動能力持ちで、防御寄りなスペックながらDMG3あるので打点源としても活躍できる
 登場ターンには後衛に配置(又は前衛配置からのオーダーステップ)し、通る状況で打点源としての運用になるだろうか

 ここからが本題である
 エンゲージ登場で2ドローついてくるので、エンゲージコストが2ハンド以下のキャラであれば等価以上となる
 エンゲージコストに上記のヘカトンケイルを使えばさらに1ドローがついてくる為、実質2ハンドキャラとなる

 3ハンドキャラが2ハンド分で登場するので1枚分のアドバンテージがあるが、3ドロー分デッキが削れている点には注意が必要である


 また、盤面整理やキャラの入れ替えを利点として用いるのであれば、日の「<メガヒュージインパクト>エッケザックス」や全色の「主人公+リディ」のようなDMG3キャラを前衛に出しておき、ブロッカーで止められる状況になった際に相手のブロッカーを突破出来るキャラをエンゲージ登場させる方法も考えられる

LO-0216-エッケザックス

LO-0229-K-主人公×リディ

 本弾のカード考察についても記載したいところだが、エンゲージの話が長くなってしまった為、今回はここまでとしておこう

 Lycee戦記のガックンがランキング形式でカード紹介しているようなので、参考されたい
スポンサーサイト
プロフィール

魔王

Author:魔王
ただのりせらー兼デュエリスト

本職はスマブラDXプレイヤー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。