web拍手

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

リセメモ ver. Leaf 5.0

諸君、久方ぶりである

今回の新弾であるリーフ5.0について、
個人的なメモも兼ねていくつかのカードを取り上げておこう

雪のカードのみであるが、
我が今回注目したのは、以下のカードである


・冬馬 かずさ(第二音楽室の主)
登場したときに、同列のキャラ1体を行動済み状態にするか、
取り除くかを選択できるキャラクター

取り除くことを選択した場合、効果の再利用が不可能となるが、
対象を取らず除外する効果は一度きりであっても非常に強力である

EX2であり、自身も雪3コストと色拘束は強いものの、
雪単等であれば十分な活躍が見込めるだろう

注意点としては、中央AFに登場できないため、
中央列のキャラに効果を適用したい場合、DFにしか登場できない点である


・ルーシー・マリア・ミソラ(るーの奇跡)
このキャラを登場させた後にイベントを使用する必要があるが、
そのイベントを手札に回収し、さらに1ドローが付いてくるため、
即座に2枚のカードを得ることができる

効果が失われるというテキストであり、ゲーム中1回では無いため、
このキャラを不幸の種にするなどしての再利用も有効である

3コストであるが、雪2星1であるため、橘 ちひろ(園芸)のような雪コスト軽減の他、
久遠寺 森羅(指揮者)といった色が合わないコスト発生も利用できる

スペック的にはアタッカーに不向きであるので、DFに配置したり、
不幸の種にする、板垣 辰子(バス停)で破棄するなどで利用したい


・アロウン(神破斬)
5コストではあるが、雪2星3とかなり色拘束が弱く、
上でも取り上げた雪コスト軽減・他色でのコスト発生を利用できる他、
活人形といったカードも利用することができる

また、ブーストによるコスト軽減も備えている

効果は、雪1コストで味方「Tears to Teara」キャラの数だけ
相手キャラ1体を破棄するというものであるが、自身がこれに該当するため、
単騎であっても相手キャラ1体を破棄することはできる

初期投資は重くなるが、各種コスト軽減・コスト発生を利用しやすく、
移動能力こそないものの、それなりのスペックを持ち合わせるため、
ダメージレース的にも有利なカードであると考えられる


これらのカードを最も有効に活用できるのは、
雪単、もしくは雪宙あたりと考えられるため、
それらのデッキへの投入を検討したいところである
スポンサーサイト
web拍手

リセメモNo.6

 放っておいてもネタの鮮度が落ちるだけなので、
とりあえず簡易的にでも更新しておくことにした

 今回は、前々回の記事で紹介した「ひまコン」である

 新しく登場しているカードの中にも、ひまコンと相性の良いものもあり、
デッキへの投入が十分検討できるものを紹介させてもらうとしよう


・「室戸 鼎」(フックソフト1.0)*鼎=かなえ
 自キャラが場を離れたとき、同列の相手キャラを除外するというもの
 本体が場を離れた場合は、同列が参照出来ないため、不発

 「ひまわり」の効果発動は、コストタイミングであり、
相手に対応のタイミングがなくなるため、非常に有効である
 鼎かひまわりの登場タイミングでしか対応できないことになる

 配置が左列のみと狭い点には、注意が必要だろう


・「高岡 未来」(フックソフト1.0)
 このカードの比較対象となるのは、「椎名 京(依存)」だろう
 京のダメージ効果に対して、デッキボーナスによる回復を持つ
 
 京に比べての利点は、キャラの登場場所に制限が無く、
効果の発動も任意である点が挙げられる
 相手ターンでも未行動にできる効果として、SP2である点も見逃せない

 一方で、EX1であり、デッキへの大量投入は難しい
 混色では、色拘束の強さもネックとなるだろう
 配置は、京が5マスに対し、未来は4マスであるが、
AFの配置可能なエリア数は同じである

 攻撃が全て通った場合、未来は相対的に6点パンチャーとなるが、
京は効果ダメージも含めて、合計で7点パンチャーとなる


・「エリス・フローラリア(媚婦街の医者)」(オーガスト3.0)
 基本能力としてオーダーステップと、条件付きのサポーターを持つ

 効果は、キャラ1体にペナルティ1ドローを付与するというもの
 効果の使用は、1ゲームに3回までである
 相手ターンでの使用も可能である

 このエリスも、ひまわりとの相性が非常に良い
 ひまわりの破棄を利用し、能動的にペナルティを発動させられるからである

 自分自身にペナルティを付与し、「不幸」の種とするのも悪くない

 対象は「キャラ1体」とあるため、相手キャラを除去できる状況であれば、
相手キャラにペナルティを付与し、詰めの1点として使うことも出来るだろう


・「春日 かれん(ベルナルド)」(ぺんしる2.0)
 かれん自身が3ハンドであるが、かれんは手札に戻り、
デッキからキャラを登場させる効果であるために、
実質1ハンドロスでのキャラ登場効果である
 手札効率的には、「時空転移」系列のカードと同じとなる

 効果によるキャラの登場タイミングが、「ターン開始時」のみであり、
自由なタイミングでは登場させることができないデメリットはあるが、
ターン開始時で、なおかつ宣言型の効果では無いため、
相手には対応のタイミングが無い

 例えば「式守 伊吹」や「板垣 辰子」といった、効果は強力だが、
「意趣返し」等でのカウンターが怖いキャラを登場させるといいだろう
 「自ターン開始時」では無いため、相手ターン開始時での即効果発動もできる


・「聖沙・B・クリステレス(ディメンショナルウェーヴ)」(ぺんしる2.0)
 本来は雪5コストのキャラであるが、新能力の「ブースト」により、
雪の味方キャラが4体以上いれば、雪雪を支払い、1ハンド軽減される

 ブーストが発動すれば、3ハンド5/3/2に加えてサイドステップと破格のスペックになる

 効果は、左右列の相手キャラにターン終了時までデッキ3枚破棄のペナルティを与える
 自ターンとの制限も無いため、往復で宣言できるのも強みである
 
 「筆談」のデメリット軽減ももちろんであるが、
単純に除去に3ダメージを付与するだけでも強力である
 また、相手のチャンプブロックを躊躇させられるだろう

 ブーストは手札から登場する場合のみであるので、上のかれんとの相性は良くない
web拍手

リセメモNo.5

 今回、新弾としてVer. Lump of Sugar 2.0が登場した
その中で我が注目したカードは、「小星 蓮子」である

 EX1であるため、大量にデッキに投入することは難しいが、
スペックは2ハンド3/1/2と良好であり、配置も広めとなっている
 デッキ破棄は痛いが、サイドステップ持ちであることも見逃せない

 肝心の効果の方は、使用はバトル中のみであるが、
デッキの上から2枚のカードを横に置き、バトル終了時まで、
コストとして支払うことが出来るというもの

 コストとして支払うことができるだけで、手札に加わるわけではないため、
コストとして利用できなければ、アドバンテージとはならないが、
使用できなかったカードはデッキの上に戻るため、
不要にデッキを削るという危険は無い

 この効果で最も注目したい点は、効果の使用が「バトル中」であり、
「1ターンに1回まで使用可能」であるということ

 自ターン中という制約がないため、そのターン内にバトルが行われる限り、
往復のターンで効果の宣言が可能なのである

 デッキの上の不明な2枚をコストのみにしか利用できないため、安定性には欠けるが、
使い切ることが出来れば、最大で往復4枚分のドローソースとなる


 バトル中には、キャラの登場宣言や、アイテム・エリアの使用ができないため、
蓮子をデッキに投入するなら、必然的にバトル中に可能な行動を増やす必要がある

 キャラの特殊能力や、イベントがそれに該当するだろう
 すぐに思い付くところは、バトル中に使用可能なイベント比率を多くすることだろう

 また、キャラの登場に関しても、通常の登場宣言はできないが、
「転校生」や「時空転移」、自ターンのみであるが「一大決心」など、
イベントなどを介した登場は可能であるので、利用したい

 「雲雀丘 由貴」や「花鳥 玲愛」といった、宙のドローソースを内蔵した
小型アタッカーのキャラに比べると、スペックでは見劣りする面もあるが、
日にも「三峰 美奈都」や「鳳 ちはや(爆熱ちはやボンバー)」といった、
多少クセはあるものの、ドローソース内蔵の小型アタッカーは存在する

 アタッカーとはならないが、即座に手札増強が可能である、
「神尾 観鈴(夏やすみ)」や、妨害とドローソースを兼ねる、
「袁術・美羽」などを採用してみるのも、面白いだろう


 日を含む除去イベントとしては、「森遊び」などがあるため、
これらのカードをまとめて、一つデッキの形としてみたいところだ
web拍手

リセメモNo.4

 特に最近では、「水無月 空(世界0)」や「一ツ橋 神奈(神奈媛)」といった
フィールドに登場した時に強力な効果を発揮するキャラが増えてきた

 そこで、「才野原 恵」での再利用や、「たぬき寝入り」で再登場させる他に、
「明松 月砂」での登場時効果の複数回利用を考えた

 月砂はコンバージョンキャラを除けば、自分・相手ターンを問わず、
効果を発動可能であり、フィールドに再登場させる場合にも、
使用代償を要求されず、場所も空きフィールドと自由度が高い

 登場時効果の再利用のみでなく、キャラを任意で一時的にエスケープさせられることは、
相手からの除去や、「激辛殺人地獄パフェ」などのアイテム回避にも使うことが出来る

 しかし、この効果を複数回使うとなると、雪コストを大量に要求され、
本体のコストの重さと合わせて、除去に弱くなる傾向にある

 また、タップ効果であることから、どうしてもタイミングがワンテンポ遅れ、
AFに配置すれば一列攻撃ができず、DFに配置すれば一列が穴になってしまう

 実際に使ってみた感想としては、雪コストの不足と、
DFに配置した場合に一列が穴になってしまう点が思った以上に痛かった


 面白いカードであるため、何とかうまく使ってみたいところではあるが・・・
web拍手

リセメモNo.3

 「シュート」を4枚積みするとして、
雪単を構築するのはアリだろうか・・・?

 雪のドローソースには、「効果でドロー」する
ものが多いため、一工夫は必要だろう


 もう一つは、月と雪で構築する
「コミュニケーション」と「シュート」搭載型の
コントロールである

 色を少なくすることで、EXの低いカードを
それなりに多く積んでも、使用できるようにするというもの

 しかし、同じく月も「効果でドロー」する
ことが多いため、こちらも考える必要があるな・・・
プロフィール

魔王

Author:魔王
ただのりせらー兼デュエリスト

本職はスマブラDXプレイヤー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。